HMBサプリ番付
> プロテイン

プロテインのおすすめは?種類と目的別の選び方

プロテインを飲むならどれがいい?男女別・目的別の選び方

プロテインを飲んで鍛えても、サッパリ育たぬ俺の筋肉・・・原因が分からない筋トレのマンネリに悩む事ってありますよね。

そんな悩みの突破口として、より筋肉に響くプロテインを選び直してみませんか?

ここでは、初心者からベテラントレーニーまで、筋トレとプロテイン選びに悩む全ての人向けに濃い情報まとめました。

プロテインの基礎知識や目的別の選び方、おすすめ優秀プロテインもバッチリ紹介してますので、最後まで読めば自分史上最強プロテインに出会える事間違い無しです!

プロテインってそもそも何だろう?

「筋肉ならプロテインだ!」それは常識でも、実はプロテインが何なのかよく知らなかったりしますよね。今更聞けない基礎知識を、まずはわかりやすく紹介します。

プロテインは筋肉や骨など肉体の主成分

プロテインとはざっくり、栄養素で言うたんぱく質の事なんですね。たんぱく質は筋肉だけでなく、皮膚や髪、爪、骨、臓器に至るまで、人間の主成分とも言える物質です。

つまり、たんぱく質が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、全身の機能不全にも繋がってしまうんですね。

逆に、どんどん良質なプロテインを摂取して運動すると、筋肉は強く大きく育っていきます。

プロテインと筋トレで筋肉が育つメカニズム

人間の筋肉は筋トレにより1度破壊されます。その後に24〜48時間かけて超回復という現象で元より大きく筋肉が育つんですね。これが憧れのバルクアップです。

たんぱく質をしっかり摂取しておけば、この超回復の材料が充実してさらに筋肉が育つので、筋トレにはプロテインが必須になります。

ちなみに、この超回復が進む状態をアナボリック、自然に筋肉が分解される事をカタボリックといいます。プロテインはこのアナボリックを助け、カタボリックの速度を追い越す事で筋肉を増やすんですね。

副作用が無いのもプロテインの魅力

このように、プロテインは筋肉を育ててくれますが、これといった副作用が無いのも大きな魅力です。なにせ、鳥の胸肉や牛乳のたんぱく質に副作用なんかありませんよね。それと同じです。

ちょっと前に話題になった「プロテインを飲むとハゲるらしい」というのも根拠の無い噂です。むしろ、たんぱく質は髪の材料でもあるので、抜け毛や薄毛が気になる人は摂取すべき栄養素なんですね。

髪はフサフサ体はムキムキ、これが揃えばモテ度急上昇間違いなしです。

代表的なプロテインの種類と特徴

しかし、ひとくちにプロテインと言っても種類があります。原料や製法でそれぞれ特徴があるので、使い分けが必要なんですね。

プロテインの種類特徴
WPCホエイプロテイン牛乳たんぱくが原料で最も吸収が良いタイプ、筋肉をデカくしたい時
WPIホエイプロテイン
WPHホエイプロテイン
より高純度ホエイプロテイン、糖質脂質控えめのプロアスリート仕様
カゼインプロテイン牛乳たんぱくが原料で吸収がゆっくりなタイプ、筋肉のリカバーに最適
ソイプロテイン大豆由来プロテインで、生活習慣病予防、美容やダイエットにもぴったり

牛乳由来のカゼインプロテインとホエイプロテインの違い

まず、プロテインの材料で最もメジャーなのが牛乳のたんぱく質、つまりミルクプロテインです。

ミルクプロテインの8割はカゼインプロテインという種類で、吸収が若干ゆっくりなタイプになります。

カゼインプロテインは安価でたっぷり飲めるメリットがあるので、夜中に分泌される成長ホルモンで筋肉が育つタイミングに備え、寝る前に飲むと良いプロテインです。

対して、ミルクプロテインの残り2割はホエイプロテインです。このタイプのプロテインは吸収が早く、筋肉を育てたい、大きくしたい時に1番良いタイプなんですね。

トレーニング後はホエイプロテイン、夜の筋肉育成ならカゼインプロテインと覚えましょう。

ホエイプロテインは純度で効果が変わってくる

そして、筋トレに適しているホエイプロテインの中にも種類があります。たんぱく量が80%前後のWPC、90%以上の高純度ホエイプロテインですね。

たんぱく質含有率種類特徴
80%前後WPCホエイ
プロテイン
・リーズナブルで初心者向け
・糖質で筋肉をデカくできる
90%以上の高純度WPIホエイ
プロテイン
・高価なプロフェッショナル向け
・より多くのたんぱく質が摂れる
・ローカロリーで体が絞れる
・乳糖不耐症の人でもOK
90%以上の高純度WPHホエイ
プロテイン
・純度・吸収・値段全てが最高
・成分を分解済みだから超高吸収
・苦味があるので耐えられる人向け
・加水分解法を用いたプロテイン

最もベーシックなWPCホエイプロテイン

WPCホエイプロテインはたんぱく質だけでなく、体を大きくする糖質も含まれるので、トレーニングの持久力UPやバーンとデカい筋肉を目指す人に向いています。値段も手頃で試しやすいのもメリットですね。

また、栄養失調で筋肉が落ちる、不要なカタボリックが防げるのも糖質を含むWPCプロテインの良さです。

高純度なホエイプロテインはアスリート用

対して高純度なWPIやWPHプロテインは9割以上がたんぱく質のプロフェッショナル仕様です。

高純度プロテインにも2種類があり、マイクロフィルター法などで乳糖を取り除いたWPIと、加水分解法を用いてプロテインをアミノ酸やペプチドなどを究極に吸収しやすい形に分解したWPHですね。

どちらの高純度ホエイプロテインも、実用的で動けるプロアスリート的筋肉を生むアイテムと言えます。

ほかにも、牛乳の乳糖でお腹を壊す体質の人、いわゆる乳糖不耐症の人にもこの高純度プロテインがおすすめです。中身がほぼたんぱく質なので、お腹がゴロゴロしないんですね。

女性の健康と美容ならソイプロテイン

そして、原料が大豆のものをソイプロテインと呼びます。これは女性のダイエットやボディメイクには最高のプロテインなんですね。

ソイプロテインについてはページ後半、女性用プロテインの部分で詳しく説明しますので、ぜひ読み進めて下さいね。

全プロテイン共通の良いプロテインの見分け方

ここまでの説明で、自分に合ったプロテインがなんとなくわかってきましたね。次は、たくさんある中で良いプロテインを見分ける方法です。

飲みやすさやたんぱく質のグレードなど、共通でチェックしておきたいポイントを紹介しますね。

上質なアミノ酸フルスコア配合を選ぼう

まず、どのタイプのプロテインでも同じく、選ぶならアミノ酸フルスコアのものがおすすめです。

アミノ酸スコアとは、筋肉を合成する時に必要なアミノ酸のバランスと量をどのくらい満たしているか?という指標です。

たんぱく質は一度分解されアミノ酸になり、再びたんぱく質として体内で再合成され筋肉になります。アミノ酸のスコアが足りないと、再合成する時に筋肉の材料が無駄になりがちなんですね。

つまり、アミノ酸フルスコアとは「筋肉の合成に必要なアミノ酸配合量、バランス共に満点です!」という表示です。選ぶ時に注目してみましょう。

味や飲みやすさはプロテイン選びの重要ポイント

効果や成分以外にも、飲みやすさもプロテイン選びには重要です。ダマになる、溶けない、味が不味いなど、飲みにくさの問題で続けられない人が実は多いんですね。

今まではシェイカーに水を入れてガシャガシャ振らないと溶けないのが普通でしたが、最近はコップに入れて回すだけで溶ける、口溶けまろやかなプロテインも出てきています。

HMBを含むブレンドは苦味もあるので、初心者のうちはコーヒーやチョコ系など、苦味の目立たない味を選ぶと良いですね。

高純度プロテインは飲みやすさを犠牲に機能性を高めた物が多いので、味は諦めたほうが良いでしょう。

目的別のプロテインとブレンドタイプの選び方

プロテイン共通の押さえるポイントがわかりましたね。次は目的別のプロテインの選び方です。

でもさっき、プロテインの種類別特徴の部分でだいぶ説明したんじゃない?と思った人も多いですよね。

実は、プロテインには様々なブレンドがあり、プロテイン以外の要素も見て選ぶのが良いんです。ここでは、ブレンド成分も含めた目的別に最適のプロテインを紹介します。

目的別の最適なプロテインやブレンドタイプ

飲む目的最適なプロテインとそのブレンド
・体を絞って細マッチョに
・お腹を引っ込めたい
※筋トレ初心者向け
HMB・BCAA・脂肪燃焼成分入り、ブレンド型WPCホエイプロテイン
・筋肉で体をデカくしたい
・筋トレのマンネリ脱出に
HMB・クレアチン・BCAA入り、ブレンド型WPCホエイプロテイン
・筋肉も脂肪のつきにくいガリガリ体質
・ボディビル体系を目指す人に
ウェイトゲイナー(ハイカロリーなホエイプロテインのブレンド)
・競技で勝ちたいアスリート
・牛乳が苦手、乳糖不耐症の人
高純度のWPI・WPHホエイプロテイン
・寝る前のたんぱく質補給カゼインプロテイン
・ダイエットや美容
・女性のエイジングケアに
ソイプロテイン

ぽっちゃり男の筋トレには脂肪燃焼成分入りブレンドを

筋トレ初心者やお腹を引っ込めたい40代、細マッチョを目指す人は、脂肪燃焼成分がブレンドされたプロテインがおすすめです。

脂肪を落とすと腹筋の割れや筋肉のキレが目立ち、よりカッコイイ肉体に進化できますよ。

それには、バイオペリンやブラックジンジャー、L-カルニチン、シニュリンPF、シトルリンなどがブレンドされたホエイプロテインを選ぶと間違いありません。

一見普通の体型でも、筋トレや運動をして来なかった人は脂肪が溜まりがちです。筋トレしつつダイエットを意識した生活も心がけたいですね。

筋肉をデカくしたいならWPCホエイプロテインのブレンドを

筋トレするならホエイプロテインを選ぶのはもう鉄板ですね。筋肉をデカくしたい時も同じです。

筋肉をつきやすくするHMBやウェイトトレーニングのレベルアップなどに役立つクレアチン、持久力を高めるBCAAがブレンドされたものなら、さらに筋肉を大きくするのに有効なんですね。

今までプロテインだけ飲んで鍛えてきたけど、筋肉の成長がマンネリ気味と感じている人も、このブレンドがかなりおすすめですよ。

ガリガリすぎる人やボディビル志望にはウェイトゲイナー

他にも、食べても太れない、筋肉もつかないガリガリ体系がコンプレックスの人もいますよね。もしくは、究極にデカいボディビル体型を極めたい人もいるでしょう。

そんな人には超ハイカロリー栄養プロテイン、ウェイトゲイナーが良いでしょう。

ホエイプロテインに糖質や脂質、ビタミンなど肉体を大きくガッチリさせる成分をブレンドし、1杯飲むだけで900〜1,200kcalも摂取できる規格外のハイカロリー飲料です。

ハードな筋トレをやり遂げる根性とウェイトゲイナーがあれば、もう「モヤシッ子、ガリ男」などのあだ名からはオサラバですね。

プロアスリートや乳糖不耐症の人は高純度ホエイプロテイン

また、スポーツなど競技で勝ちたい場合は炭水化物や糖質など余計な成分を含まない、高純度のホエイプロテインを飲むのも良いでしょう。

魅せる筋肉ではなく、筋肉を使った動きで魅せる!というフェーズに進んだアスリートにふさわしい、王者のプロテインですね。

このレベルになるとサプリ成分の調整もシビアなので、HMBやクレアチン、BCAAを別個に測って補給するのがベストと言えます。

夜に飲みたいカゼインと女性向けのソイプロテイン

さきほど説明した通り、栄養補給目的にはカゼインプロテイン、女性にはソイプロテインが最適ですね。

寝る前にカゼインプロテインを飲んでおくと筋肉の成長に良いので、バリバリ筋トレしている人でも、夜だけコストが安いカゼインプロテインで補うのも良いでしょう。

女性がソイプロテインを飲むメリットやおすすめ商品情報もページの最後で触れているので、ぜひ読み進めて下さいね。

プロテインと一緒に摂取したい筋肉サプリメント成分

ブレンド型プロテインの部分でもサラっと紹介しましたが、プロテインのほかにHMBやBCAAなどプラスの成分があると効果的なんですね。

筋トレサポート成分はブレンドに入っている他に、サプリで摂取するのもおすすめなんです。どの成分が何に効くのか、筋トレサポート成分を一覧で紹介したいと思います。

プラス成分その特徴
HMB筋肉をつきやすくする基礎成分
BCAA持久力をサポートする
鍛えた筋肉をキープ
クレアチンウェイトトレーニングのレベルUPに
筋肉痛を予防する作用も
アルギニン筋肉を肥大させて体を大きく
グルタミン鍛えた筋肉をキープ
アンセリン持久力をサポートする
トンカットアリ男性ホルモンサポート力で筋力UP
バイオペリン
ブラックジンジャー
L-カルニチン
シニュリンPF
シトルリンなど
脂肪を燃焼させたい時におすすめ

絞って細マッチョを目指すビギナー向け成分

たるんだお腹を引き締めたい、細マッチョになってモテたい筋トレ初心者なら、この成分がおすすめです。

  • HMBでトレーニング成果を出やすくする
  • バイオペリンやL−カルニチンなど脂肪燃焼成分
  • BCAAで筋トレを続ける持久力もゲット

ボディを絞りつつ、筋肉をしっかり付ける事が細マッチョへの近道なんですね。初心者は筋トレの体力が続かない事も多いと思いますので、持久力を保つBCAAがあると心強いでしょう。

ブレンドタイプのプロテインでも良いですが、サプリで補っても良いですね。

ムキムキにデカくなるならこの成分を追加せよ

「プロテインだけじゃ足りねえ、まだまだだ!」という人は、こっちの成分を投入すべきです。

  • HMB・トンカットアリ・アルギニンがデカい筋肉を作る
  • アンセリンやBCAAなどタフガイを作る持久力成分も欲しい
  • ウェイトトレーニングのレベルUPにクレアチンも欠かせない

HMBは筋肉をつきやすくする基本の成分なので外せませんし、筋肉の瞬発力を高めてウェイトトレーニングのレベルUPを助けるクレアチンは、ハードな筋トレには必須と言えます。

また、男性ホルモンに働きかけて筋肉を育てるトンカットアリや筋肉を肥大させるアルギニンも追加したいところですね。

疲れ知らずのトレーニングを目指すなら、たっぷりのBCAAや、魚が泳ぎ続ける秘訣のアンセリンもタフガイに進化させてくれるのでおすすめです。

ガリガリ体型の人は、この成分を含むHMBサプリとウェイトゲイナーを組み合わせれば最強ですね。

効果を高めるプロテインの飲み方

よし、俺のプロテインはこれだ!と思ったら、次に大事なのはその飲み方です。筋肉をつけるには、どれくらいの量をどのタイミングで飲んだら良いのでしょうか。

プロテインを飲むべき3つのタイミング

  • トレーニング後30分以内がベストタイミング
  • 朝食時や寝る前に飲んでバルクアップに貢献
  • トレーニングしない日も欠かさず飲むべし!

筋肉を増やしたい場合、1番大事なのはトレーニングの直後にプロテインを飲む事です。

これはトレーニング後の超回復に合わせたもので、より筋肉が大きくなるベストタイミングなんですね。絶対逃さないようにしましょう。

もっと筋肉をつけたい場合は、朝食時や夜寝る前にも1杯飲むと良いですね。特に、睡眠中は筋肉を育てる成長ホルモンが分泌されるので、寝る前のプロテインでムキっとバルクアップが進みますよ。

そして、タイミングとは少し違いますが、トレーニングしない日もプロテインは飲んでおくべきです。

最初でも触れたように、筋トレ後の超回復には24〜48時間かかるので、その間もプロテインを筋肉に与え続けるとさらに筋肉が増えるという理屈ですね。これだけ飲めば完璧です。

プロテインはどれくらいの量を飲めばいいの?

  • 1日の適量は体重×1.5〜2gで計算しよう
  • 運動後の1杯は体重×0.25〜0.3gが適量
  • 1度に飲むのは30g以内にすると無駄がない

鍛えてる時に必要な1日のたんぱく量は食事を含め、おおよそ体重×1.5〜2gになります。体重70kgの男性なら105〜140gとけっこう多いんですね。

そして、筋トレ直後に摂取すべき量は体重×0.25g程度が筋肉合成にベストとされています。同じく体重70kgの男性なら、17.5〜21gくらいです。

ただ、ブレンドプロテインの場合は単純に重さで測れませんし、商品説明に書いてある1回分をそのまま飲めばOKですよ。

1度に飲んで有効なプロテインはおおよそ30g程度とされていますので、たくさん飲めば良いわけではありません。溶かす時は必ず計量して、1日何度もこまめにプロテインを摂取しましょう。

バキバキへ最短距離!最強プロテインランキング

ここまで、強くデカく、モテる男になるためのプロテイン選びを紹介してきましたが「結局どのプロテインが良いんだよ?!」という疑問にブチ当たっているはずです。

そこで、編集部の知識を結集して最強プロテイン大決戦を敢行し、このランキングにまとめました。

どれもスマホから取り寄せられるものばかりで、品切れ無し配送OKです。ここはひとつ、俺史上最強プロテインをゲットしてみては?

女性向けプロテインは男性用と何が違う?

ここまで男性向けのプロテインをメインに紹介してきましたが、女性向けのプロテインについても詳しく説明しますね。

たんぱく質を豊富に補給できるという点は男性用も女性用も変わりませんが、女性用はよりダイエットや女性ホルモンサポートに特化したソイプロテインが使われる事が多いんです。

女性が嬉しいビタミンや美肌成分入りのものも多いので、女性がプロテインを選ぶなら、できるだけ女性用を選んだほうが良いんですね。

女性がプロテインを摂取するべき3つの理由

では、女性がプロテインを飲むとどんな良い事があるのか、摂取すべき理由とメリットを3つに絞って紹介しますね。

  • ソイプロテインを選べば脂肪が燃焼しやすくなる
  • ホルモンバランスを整えてだるさや不調を緩和
  • たんぱく質で爪や髪、肌がツヤツヤ丈夫に変化する

ソイプロテイン、つまり大豆に含まれるイソフラボンには脂肪燃焼作用があるので、ダイエットしたい女性に最適です。

さらに、イソフラボンは女性ホルモンと似た性質を持つ物質なので、摂取する事で不足した女性ホルモンを補う作用も期待できます。

ホルモンが不足すると更年期障害や自律神経失調など様々な体調不良が現れるので、ソイプロテインでホルモンバランスを整えると体調が整ってイキイキするんですね。

そして最後に、肌や髪、爪をうるうるツヤツヤに変える大豆たんぱくの力も見逃せません。かなり短期間に実感できるので、まずは1ヶ月飲んでみるのがおすすめですよ。

ボディメイク、美肌、年齢ケアの全てに有効なので、女性用プロテインは10代から40代以上まで、幅広い年代の女性におすすめです。

オンナの美ボディを目指すプロテインランキング

しかし、女性用のソイプロテインもいろいろありますよね。中でも質が良くてボディメイクやスキンケアに良いのはどれなのか、成分などを細かくチェックし、編集部がおすすめをチョイスしました。

どれもスマホからパッとお取り寄せできる、お買い物便利なものだけが揃ってますよ。

プロテインについてのまとめ

良質なプロテインと筋トレが揃えば、筋肉はコツコツ間違いなく育つんですね。

バキッと割れた腹筋や、大きく育った肩や二の腕の筋肉を見せつけたいなら、ホエイプロテインとHMBは必須と考えましょう。

もし、今までの筋トレとプロテインで結果が出なかった人も、良質なホエイプロテインに切り替えるだけでも結果が変わってくる場合もあります。

ダイエットに失敗しがちな女性も、ソイプロテインと筋トレが自分史上最高ボディを生み出す可能性は大いにアリです。ぜひ、試してみて下さいね。

このチャンスにプロテインを見直して、もっと理想の肉体に近づきましょう!

女性用プロテインはどれがおすすめ?選び方のコツを教えますのイメージ

女性用プロテインはどれがおすすめ?選び方のコツを教えます

食べないダイエットはリバウンドする、それなら体を鍛えて引き締めるべし!ダイエットの常識が変わった事で、筋トレやダイエットに特化した女性用プロテインが売れに売れています。その効果やおすすめ商品など、女性用プロテインの情報を全部まとめました。
ページのトップへ